校歌・応援歌

長野県赤穂高等学校校歌

小町谷 常是 作詞
井出 茂太 作曲


旭日さしそふ 蒼穹おおぞら
白雪映ゆる 大駒峰だいくほう
狭霧さぎりれゆく 高原に
金鱗きんりんおどる 天竜
大天地おおあめつちの さきはへる
沃野よくやに立つや 我が学舎


その香も崇高たかき 鈴蘭の
よしはなやげる さまなくも
若き血潮は 高鳴りて
永劫とはあふるる 此の生命いのち
雄々しくたえぬ いそしみに
光みなぎる 我が前途ゆくて

応援歌

紫紺波うつ 我等が校旗
すずらんの息吹 若人の 闘志の風の吹く所
我等をこばむ影もなし 頼む勝利ぞ我が友よ
ひびけその名ぞ 赤穂 赤穂

校章

校章

元来、赤穂町(現駒ヶ根市)の町花が鈴蘭であったため、旧制「赤穂農商学校」当時の校章も鈴蘭がデザインされており、以後数回の変革の際にも鈴蘭が使われてきた。
 昭和23年、県下初の男女共学の赤穂高等学校が誕生し、高等学校の「高」の文字に郷土にゆかりのある鈴蘭の花と葉を丁度ローマ字の「A」を思わせる形状で、落ち着きのあるどっしりとした組合せの校章が考案された。
図案者 昭和25年商業科卒 小木曽章薫氏